消費者金融借入がある場合の住宅ローン審査

キャッシングベスト3

【不安】消費者金融借入がある場合の住宅ローン審査は不利なの?

Q.30代に入り生活も安定してきたのでそろそろ持ち家を考えています。もちろんある程度の頭金の用意はありますが、あとは住宅ローンで賄おうと思います。そこで最近気になっていることが有ります。友人から消費者金融からの借入が有ると住宅ローンの審査は不利になると言う話を聞いたことが有り、私もカードローンを利用しているためこのままでは住宅ローンの審査に影響が出るのではないかと思うようになりました。本当に消費者金融の借入が影響するものなのでしょうか。

A.いよいよ人生も半ばに差し掛かって持ち家を考えたと言う事でしょうか。30代に入ったところと言うのは収入が安定し若さも評価されて住宅ローンを借りるには丁度良い時期と言えるかもしれませんね。さて消費者金融の借入が住宅ローンの審査に影響するかどうかという点ですが、お友達の言っているのは正しいです。消費者金融の利用が大きく影響し住宅ローンの審査に不利に働いて、場合によっては審査に通らなくなる可能性が有ります。

銀行の考え方
銀行は住宅ローンでも他のローンでも同じですが、それが利息を付けて回収できるかどうかで審査を通すかどうかを判断します。銀行はその道のプロですから長い間の経験則から年収からローン返済に回せる金額をはじき出す計算式を持っています。この計算式によって申込者が返済できる月々の金額を計算して、その金額が借入希望額と返済期間からはじき出した月々の返済額が上回っていなければ審査を通すことは有りません。

消費者金融への返済も考慮される
この月々返済に回せる金額を計算する際には、他のローンの返済も考慮されます。この時消費者金融を利用していればその分がこの金額から差引かれることになる訳です。そうすると、返済に回せる金額は減りますから。条件が厳しくなって銀行は返済していけないと判断するかもしれません、収入が十分大きければ問題ありませんが、住宅ローンを組む場合、多くの人がギリギリで返済を考えますから、収入が十分大きい人と言うのはそう居るわけではありません。

消費者金融から借入が有ると言うのは語弊が有る
ここではあえてお友達が言っているように”消費者金融から借入が有る”と言わずに”消費者金融を利用”と言ってのには訳が有ります。借入が有ると言う表現は語弊がるからです。銀行は消費者金融から今現在借入が有るかどうかを問うのではなく利用限度額までは借入する可能性がると言うことを問います。したがって利用していなくても利用限度額を持っているだけで不利になる可能性が有る訳です。このため自分は利用を止めているから大丈夫と言うのは間違いです。

解約してしまうのが一番
そこで住宅ローンを利用しようと考えている場合には、まずは消費者金融からの借入を全て返済することを最優先で考えましょう。返済してしまったらすぐに消費者金融との契約を解約し、その後で住宅ローンの申込みを行うようにして下さい。それで万全と言う訳ではありませんが、少なくとも消費者金融との契約が有るために審査に通らなかったと言うことは回避できます。住宅ローンは人生で最も重要なローンと言っても良いですから、分かっているリスクは完全に取り払っておきましょう。

消費者金融借入がある場合の住宅ローン審査は厳しい

カードローンで気をつけていないといけないことがあります。それは、消費者金融借入がある場合の住宅ローン審査。消費者金融借入がある場合だと審査そのものが厳しくなる恐れがあります。また、どうして消費者金融だけなのか・・・?と思う人は多いでしょう。しかし、消費者金融では次のような扱いを受けやすいので、どうしても審査そのものが厳しくなりやすいのです。注意して利用をしないといけないと思っておいたほうがローンは安全となります。

まず、消費者金融借入がある場合には「信用情報」として登録されるようになっています。これは、消費者金融が消費者金融借入があるのを登録しているので、随時たまっていく情報だと思っておいてください。次に、信用情報において消費者金融借入がある場合には「サラ金の利用」として登録されてしまうということを覚えておいてください。これがどうしてダメなのかについてですが、それはどこのサラ金かわからないからです。

わかっていればこそ、消費者金融借入があると言っても安心して返済できるレベルというふうに判断してくれます。ですが、数社で消費者金融借入があるのであればサラ金数件で借入のような扱いになってしまうのです。そして、住宅ローンの場合には銀行などで借入・・・となるのですが、そもそも銀行は消費者金融に対して厳しいところがあります。カードローンでも厳しいので、消費者金融借入があると住宅ローンが必然的に難しくなりやすいのです。返済されているのであれば問題ない場合も多い。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【ブラックでも借りられる!?】厳選カードローン会社紹介サイト All Rights Reserved.