家族をあいしているのにギャンブルがやめら

キャッシングベスト3

【ご質問】家族をあいしているのにギャンブルがやめられない何故か?

Q.私は若いころからギャンブルが好きで、カードローンが普及したことで、ついついお金を都合して続けています。30歳を過ぎて結婚し子供も出来て家族をあいしているのでギャンブルをやめたいのですが、気持ちとは裏腹になかなかやめることが出来ません。ギャンブルが行われる日はどうしても衝動を抑えることが出来ず続けてしまいます。ギャンブルが終わった後で大変後ろめたい嫌な気分になるのにどうしてなのか分かりません。何故止められないのでしょうか。

A.結婚する前には多少の無茶をしても良いのかもしれませんが、やはり結婚後は生活を担っていますので、カードローンを利用してまでギャンブルをするのは問題です。カードローン自体を生活上で上手に利用するのは全く問題ないですし、生活を安定させるために必要になる事も有りますが、あなたの場合には、利用先が間違っていますね。なぜあとで嫌な気分になってしまうのに止められなくなってしまっているのか原因を探ってみましょう。

高揚感が忘れられない
ギャンブルに嵌ってしまう理由は勝った時に脳内で感じる高揚感です。これを再度感じたいがために何度も何度もギャンブルを続けてしまう事になります。勿論大きなお金が出来るわけですから大きな高揚感を感じるのは良いのですが、それが忘れられないと言うのは問題です。普通であれば、この高揚感を理性が上回って、続けていてはいけないと考えるようになり、ある程度の年齢になってくれば止められるのが普通ですが、あなたの場合まだそこまで行っていないのでしょう。

病気の場合も有る
この高揚感を何度も感じていると、一種の中毒のような状態になってしまうことが有ります。こうなってしまうとギャンブル依存症と言われる状態になってしまいます。女性がショッピングでこのような高揚感を得てしまい買い物依存症に成るのと同じです。しかもこれは一種の病気と判断できますので、自分一人で治すのは難しいと思われます。もしあなたがギャンブル依存症ではないかと考えられる場合には、奥さんと一緒に心療内科を受診することを勧めます。

小遣い制にしてしまう
依存症まで進行していないのであれば、自分を抑えることは出来るはずですので、まず自分で利用できるお金を制限してしまいましょう。カードローンの利用も奥さんの方に任せて生活に必要な時に利用するようにします。給料も全て奥さんに渡して、自分が必要なお金と言うのは小遣いとして毎月決った額を貰うようにします。あなたはその中で生活するわけです。最初は堅苦しさを感じるかもしれませんが、すぐに馴れてくるものです。

良く話し合うことが必要
小遣いの額については奥さんとよく話し合ったうえで決めてください。あまりにも少なすぎると何か別の方法でお金を調達することを考えるようになってしまいますので、適正な額に決める必要が有ります。あとは今までのギャンブル癖を反省して、お金については奥さんに任せるようにしましょう。カードローンの利用もあなたよりもずっと適正に利用してくれるはずです。お子さんもだんだんお金がかかるようになりますから、上手にギャンブルから足を洗ってください。

家族をあいしているのにギャンブルがやめられないとローンも辛い

昔から、ローンとギャンブルには密接な関係があります。人によっては、家族をあいしているのにギャンブルがやめられないという奇特な人もおられますが、やはり家族をあいしているのであればギャンブルがやめられないというのは問題です。また、どうしてもギャンブルをしたいのであれば、今では設定ありの状態で利用をするという手段もありますので、そのような方法でギャンブルをするというのもありです。

具体的には、クレジットカード決済を利用してギャンブルをします。ギャンブルについては、クレジットカードの設定枠の範囲でのみ行うようになるので、設定枠を1日間に1万円としておくだけでも、使いすぎてしまい返済に困るということも減ります。後、家族をあいしている人でギャンブルがやめられない人というのは、ついついカッとなってしまいギャンブルに打ち込んでいたりします。ギャンブル熱というものなのですが、日が経過するにれて和らいでいくのもギャンブル熱の特徴です。

つまり、本当に家族をあいしているのでギャンブルについてもやめていくようにしたい・・・というのであれば、先ほどのクレジットカードによる対応でかなり気が楽になったりするわけです。タバコ、お酒などでも中毒性というのはありますが、「少しずつやめていくようにしたほうがよい」とお医者様も言われていたりします。なんでもそうですが、急にやめて自分を律するというのは難しいです。家族をあいしているのであればこそ、ギャンブルについても上手に付き合っていくようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【ブラックでも借りられる!?】厳選カードローン会社紹介サイト All Rights Reserved.